うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病は心の風邪

「うつ病は心の風邪」と呼ばれるほど精神科の病気としては多く見られる心の病気です。日本人が一生涯でうつ病にかかる率は5~8%といわれ、うつ病は特別な人がかかるわけでなく、現代社会では誰でもかかる可能性がある決して珍しい病気ではありません。うつ病は身近な病気ですが、未だ偏見も多く、基本的知識が普及しているとは言いがたい状態です。うつ病の特徴的な症状は気分の落ち込みです。うつ病も他の病気と同じように治療せずに放っておくと悪化してしまいます。症状が軽い段階でうつ病に気付いて治療を開始することが大切です。うつ病とは早期の発見と早期の適切な治療の開始が必要な病気なのです。風邪をひけば熱や鼻水が出たりして周りの人も気付きますが、うつ病は無気力という症状から怠け病などと理解してもらえないこともあります。むしろ真面目で責任感の強い人が多く、叱咤激励や精神論では逆効果になることさえあります。うつ病は、本人も周囲の人もわかりずらい病気ですから、病院を受診するまでに時間がかかってしまった結果、症状が長引くこともあります。誰もが気分の落ち込みを経験したことがあるはずです。気分の落ち込みとうつ病を区別するのは難しいですが、日常生活の中で何かしらのサインがあるはずです。「最近おかしい」と思ったらうつ病を疑ってみてください。医師に相談することを考えてみてください。治療に時間がかかることもありますが、うつ病はちゃんと治療すれば治る病気です。

 - うつ病とは

PC用

PC用

  関連記事