うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

仮面うつ病

軽症うつ病とほぼ同義のものに仮面うつ病があります。仮面うつ病は軽度のうつ病で、典型的なうつ病の症状である精神症状ではなく身体症状が前面に現れる病気です。精神症状がそれほど目立たず身体症状が前面に出てくるため、身体的症状で隠された(マスクされた、masked)うつ病ということで、仮面うつ病(Masked Depression)と呼ばれるようになりました。抑うつ気分が少ないために、うつ病と分かりにくいのが特徴です。仮面うつ病のチェックリストや診断基準はありませんし、正式な病名でもありません。身体的な病気だと思い内科を受診して、内科でいろいろな検査をして異常が認められず、内科的な薬も効果がでないので別の病院に行く、といったことを繰り返しているうちに、内科の医師が気付いてうつ病の専門医に紹介して初めて診断されることも稀ではありません。体調が悪いのに異常なしと言われた、一連の検査を受けて異常が認められない、薬を飲んでも改善しない、となれば自ら精神科や心療内科を受診するのが良いようです。尚、注意すべきは、自律神経失調症と診断されている中に仮面うつ病ことです。

仮面うつ病の症状・治療

様々な身体的症状があり、一つの病気では説明がつきにくいこともあります。仮面うつ病の身体的な症状には、睡眠障害・全身の倦怠感・疲労・疼痛・頭痛・食欲不振・めまい・動悸・悪心・首筋のこり・体重の減少などです。仮面うつ病の治療は、うつ病に準じます。まずは正確な診断とチェックが大切です。専門医に相談するようにしましょう。

※軽症うつ病:hypomelancholia
※軽度のうつ病:mild depression
※仮面うつ病:masked depression

 - うつ病の種類

PC用

PC用

  関連記事