うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病は気分障害

DSM-Ⅳの分類(精神疾患の分類と診断の手引)によると、気分障害の中の大うつ病性障害がいわゆる「うつ病」です。気分障害の中のうつ病性障害は大うつ病エピソード(ICD-10)を満たす大うつ病性障害と比較的軽い抑うつ気分が持続する気分変調性障害(ICD-10:気分変調症)に分けられます。この2つ以外を特定不能のうつ病性障害としていますが、DSM-Ⅳ-TRでは、試案の段階ですが、「特定不能のうつ病性障害」を「抑うつ関連症候群」と呼称して、小うつ病性障害(小うつ病エピソード)・反復性短期抑うつ障害・月経前不快気分障害の3つを取り上げています。下記はDSM-Ⅳ-TRに基づく気分障害の分類です。

双極性障害

○I型双極性障害:躁病とうつ病
○II型双極性障害:軽い躁症状とうつ症状
○気分循環性障害:軽い躁症状と軽いうつ症状
○特定不能の双極性障害

うつ病性障害

○大うつ病性障害:いわゆる「うつ病」のことで、軽度・中等度・重度に分けられます。
○気分変調性障害:2年以上、軽いうつ症状が続いている状態です。(かつての抑うつ神経症)
○特定不能のうつ病性障害(DSM-Ⅳ-TRの試案では「抑うつ関連症候群」)
・小うつ病性障害:症状の軽いうつ病(軽症うつ病)
・反復性短期抑うつ障害:短期のうつ状態が繰り返される(軽症うつ病)
・月経前不快気分障害:女性特有の生理的うつ状態

一般身体疾患を示すことによる気分障害

特定不能の気分障害

※DSM-Ⅳ:アメリカ精神医学会(APA)が発行する精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorder – IV)を指します。最新の改訂版はDSM-Ⅳ-TRです。

 - うつ病の種類

PC用

PC用

  関連記事