うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

軽症うつ病

軽症うつ病(軽症鬱病)が増えているといわれていますが、軽症うつ病(軽症鬱病)の定義はなく、軽症うつ病(軽症鬱病)という言葉は、症状の軽いタイプのうつ病に対して漠然と使用されているようです。軽症うつ病(軽症鬱病)は正式な病名ではありません。軽症うつ病は、気分変調性障害(気分変調症)や小うつ病性障害といった大うつ病性障害の診断基準を満たさない抑うつ症状がある群や、大うつ病性障害の軽症群を指すようです。呼び方はともあれ、軽症うつ病は治療すべき病気の一つとして考えられています。軽症うつ病は治療することによって比較的容易に回復するといわれています。うつ病の症状としては、抑うつ気分・意欲の低下といった精神症状と、不眠・疲労感・頭痛・動悸・めまい感といった身体症状があります。軽症うつ病の患者の主訴は身体症状であることが多く、身体症状が前面に現われていて精神症状が隠されている場合もあります。身体の症状が強く自覚されるため、精神科以外の診療科を受診しているうちに、うつ病が悪化してしまうこともあります。内科的・外科的検査で異常がない、または内科などの病院で治療を受けても身体症状がなかなか改善されない場合は、仮面うつ病かもしれません。うつ病の可能性を考えて精神科や心療内科を受診してみることも必要です。

※軽症うつ病:hypomelancholia
※軽度のうつ病:mild depression
※仮面うつ病:masked depression

 - うつ病の種類

PC用

PC用

  関連記事