うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病のメカニズム

うつ病は一つの原因のみで発病するわけではなく、うつ病になりやすい人が人間関係や過度のストレス・身体の病気・環境の変化などにさらされて発病すると考えられています。うつ病の症状が現われているとき、体の中ではどのような変化が起きているのでしょうか?脳神経伝達物質の働きが悪くなることがうつ病の発症に関係しており、脳神経伝達物質の中でも特に気分・感情・記憶を司るセロトニンとノルアドレナリンの働きが低下して情報伝達が上手くできなくなると様々なうつ病の症状が現われると考えられています。これはうつ病の成因説の生物学的仮説の中のモノアミン説で、一般的に支持されている説のようです。うつ病患者にモノアミンの伝達機能の異常が観察され、脳細胞間におけるモノアミンの活動レベルを上げる効果のある抗うつ剤の服用で多くのうつ病患者の症状が好転したことから支持されている説です。モノアミンとは、セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンなどの精神活動に影響する脳内の神経伝達物質の総称です。脳細胞間でその脳化学物質の一種類でも活動が下がりアンバランスが生じることがうつ病の原因であるというのがモノアミン説という生物学的仮説です。

※上記メカニズムにおいて、生物学的成因として、現在一般的に支持されているモノアミン説を引用しています。

 - うつ病の原因

PC用

PC用

  関連記事