うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病の典型的な症状

うつ病の診断基準(DSM-IV-TR)によると、うつ病は気分障害のなかの大うつ病性障害で、典型的なうつ病の症状として9つの症状があります。うつ病(大うつ病性障害)と診断されるのは、うつ病の症状の9項目中、第1もしくは第2項目を含む5項目以上の症状が平行して2週間以上続く場合です。落ち込むと誰でも同様の精神的症状や身体的症状が現われることがありますし、うつ病でなくともうつ病と似た症状を伴う病気でうつ病と区別しにくい病気(更年期障害・痴呆症・不安障害・パニック障害など)がありますから、見極めるには専門医の診断が必要です。軽症のうつ病が増えているといわれています。軽症のうつ病では、本人の自覚があまりない、周囲の人にも分かりにくい、うつ病が軽症なほど診断が難しい傾向があります。
■うつ病の典型的な症状1:抑うつ気分
■うつ病の典型的な症状2:興味または喜びの喪失
■うつ病の典型的な症状3:食欲の変化(食欲の減退または増加 )、体重変動(体重の減少または増加)
■うつ病の典型的な症状4:睡眠障害(不眠または睡眠過多)
■うつ病の典型的な症状5:精神運動性の焦燥または制止(周囲の人から見てわかるもの)
■うつ病の典型的な症状6:気力の低下、疲労・倦怠感
■うつ病の典型的な症状7:無価値観、過剰か不適切な罪責感
■うつ病の典型的な症状8:思考力や集中力の低下
■うつ病の典型的な症状9:死についての反復思考、自殺念慮、自殺企図

 - うつ病の症状

PC用

PC用

  関連記事