うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病の精神的症状

うつ病の症状には精神的症状と身体的症状があります。うつ状態(抑うつ)を代表とするうつ病の精神的症状は精神的な苦痛を伴います。典型的なうつ病の症状では、朝方に重いうつ病の症状が夕方には比較的軽くなる日内変動が特徴です。朝から午前中にかけて調子が悪くて億劫で仕事がはかどらないのですが、夕方からは気分が楽になって調子がよくなるといった状態です。

うつ病の症状(精神的症状):気持ち・気分

ゆううつ感:抑うつ気分(気分の落ち込み・憂うつな気分・気分が滅入る)が続きますが、朝方は重く夕刻に比較的改善する日内変動があるのが普通です。抑うつ気分が強くなると、死の反復思考、自殺念慮(自殺を考える)、自殺企図(自殺を実行)に繋がります。
不安感・焦燥感:漠然とした根拠のない不安で我慢するのが辛く、不安でじっとしていられない焦燥感でイライラしたりします。胸を圧迫されるような焦燥感だったりします。焦燥感が強くなると、うつ病独特の怠けているような感じの症状が一変して、イライラや焦りでいたたまれなくなって落ち着きがなくなり、絶えず体を動かしていたり話し続けたりします。話には脈絡がなく的外れな受け答えだったりします。

うつ病の症状(精神的症状):意欲

意欲・興味・関心の減退喪失:何事にも関心がなくなり、何をやってもつまらなく面白いと思えず、喜びの感情も出てこなくなります。今まで好きだった物事や趣味も楽しめません。ただ、インターネットにははまりやすい傾向があるようです。
精神運動制止(おっくう感):何をするにも億劫で辛く感じて、できなくなくなってしまいます。頭では分かっていても体がついてこない感じです。理解力・判断力・記憶力が低下したように感じて劣等感・自信喪失に陥ったりします。軽い精神運動制止ならば億劫な感じを本人が感じているレベルで行動面に現われにくいのですが、強くなると仕事の能率が低下したりして周囲の人も気付くようになります。動作が極度にゆっくり、話しかけに返事をしない、声が極端に小さかったり話し方が単調で抑揚がない、極端に無口になったなどが観察されます。
○無気力:気力が低下して、何をする意欲もわかず、無理して気力を出しても根気が続きません。常に疲労感倦怠感があって、一つのことをするのに極端に時間がかかります。

うつ病の症状(精神的症状):思考

判断力や集中力がなくなり、悲観的で自責の念・マイナス思考・思い込みが強くなります。
自己関連づけや自責の念:何でも自分が悪いと感じたり、そう思われていると感じる。
極端に低い自己評価:自分の能力が劣っていると思う。劣等感が強い。
悲観的思考:何でも悪い結果になると感じたり決めつける。成功したとしてもまぐれとしか感じられず次は失敗すると思う。
過度の一般化:少しでも不幸なことがあると、全てが不幸だと感じる。
二分割思考や両極端な思考:上手くいったか全然ダメかのどちらかしか認めない。
思い込み(妄想):貧困妄想(自分は貧乏になった)、罪業妄想(悪いことの責任はすべて自分にある)、心気妄想(悪い病気にかかっている)

 - うつ病の症状

PC用

PC用

  関連記事