うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

非定型うつ病の症状

典型的なうつ病(定型うつ病)に比べて非定型うつ病は、感情・食欲・睡眠に関わる症状が正反対であるのが特徴です。普通のうつ病(定型うつ病)では何があっても気分が晴れることはありませんが、非定型うつ病では楽しいことや望ましいことなど出来事に反応して気分がよくなる「気分の反応性」が大きな特徴です。また、タ方になると調子が悪くなることや、過食や過眠の傾向があるなどの症状も特徴的です。非定型うつ病は若い男性にも起こりますが比して若い女性に多く、パニック障害などを合併していることが多いようです。

非定型うつ病の特徴的な症状(カッコ内は普通のうつ病)

○非定型うつ病の症状:気分
感情が状況に反応して変わります。憂うつな気分になることはあるものの、嬉しいこと楽しいことで気分が明るくなります。(常に落ち込んだ気分が続く)
○非定型うつ病の症状:集中力
イライラして落ち着かない気分に支配されて集中力が低下します。人間関係で争いごとが起きやすく、嫌われたとか拒絶されたと感じて自ら突発的に関係を絶つような行動に走りやすくなったりします。(普通にできていたことができなくなって、ボーッと過ごしてしまい、無能になった感じがして自信を喪失してしまう)
○非定型うつ病の症状:日内変動
日中は比較的穏やかですが、夕方から気分が不安定になるサンセットデプレッションがあります。夕方から夜になると不安感・いらいら感が強くなり、小さなことで切れやすくなります。(朝から午前中に掛けて落ち込みの症状がが強いモーニングデプレッションがあり、夕方から比較的気分が楽になる)
○非定型うつ病の症状:食欲
過食による体重増加の傾向があります。発作的に甘いものを食べることもあります。(食欲減退による体重減少)
○非定型うつ病の症状:睡眠
10時間以上寝ていても昼間に眠気を感じるような異常な睡眠欲がでるなど、いくら寝ても寝たりない過眠傾向があります。(不眠、特に早朝覚醒の傾向が強い)
○非定型うつ病の症状:疲労感
少し動いただけで強い疲労感を感じます。いわゆる疲れやだるさではなく、しばしば身体が鉛のように重い感じと形容されます。(常に疲労感と倦怠感があり、休んでも疲れがとれない)
○他人の批判に過敏で、気分の落ち込みの引き金になりやすい。

 - うつ病の症状

PC用

PC用

  関連記事