うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病の身体的症状

うつ病の症状のうち身体的症状で多くみられる症状に睡眠障害があります。寝つきが悪い・眠りが浅い・途中で目が覚める・朝早く目が覚めるといった症状です。他に、うつ病の身体的症状として、疲労感・倦怠感・食欲不振・胸部圧迫感・動悸・頭痛・肩こり・異常発汗・味覚異常などがあります。うつ病では様々な自律神経症状が現われますが、不定愁訴や更年期障害と間違われることがあります。また、うつ病では慢性的な疼痛も問題になります。内科的検査を繰り返しても原因がわからない身体的な症状があるならば、いわゆる仮面うつ病を疑う必要があるかもしれません。

うつ病の症状(身体的症状):睡眠障害

睡眠障害には不眠と過眠があります。不眠には入眠困難(寝つけない)・中途覚醒(眠っている途中で目がさめる)・早朝覚性(朝早く目がさめる)・熟睡障害(眠りが浅い・ぐっすり眠れない)がありますが、うつ病では早朝覚醒が多くみられます。一般的な症状は不眠ですが、中には日常生活が送れないほどの異常な眠気もあります。

うつ病の症状(身体的症状):食欲不振・性欲減退

食欲不振や性欲減退もよくみられる症状です。食欲が低下して体重が減少しますが、逆に過食になることもあります。性欲が減退することがあり、夫婦の不仲に繋がってうつ病を悪化させるケースもあるようです。

うつ病の症状(身体的症状):循環器症状

胸部圧迫感(胸が苦しい)・動悸・息切れ・息苦しさ・声が出にくいなどの症状です。

うつ病の症状(身体的症状):頭痛や頭重、肩こり

鈍く締め付けられるような頭痛や頭重で、普通の頭痛のように治まることはありません。肩こりも頭から背中にかけて重苦しい感じの肩こりで、局所的な肩こりではありません。

うつ病の症状(身体的症状):消化器症状

吐き気、腹痛、便秘などの症状です。

 - うつ病の症状

PC用

PC用

  関連記事