うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病の診断方法

うつ病の診断には一般的にDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)が用いられます。このマニュアルによって、精神疾患としてのうつ病性障害は、原因による診断ではなく、うつ病の診断基準となる箇条書きの各項目の該当数で、大うつ病性障害・気分変調性障害・特定不能のうつ病性障害と診断されます。大うつ病性障害は大うつ病エピソードに当てはまる症状の項目の数が多いほど重症度が高くなり、社会生活や対人関係の障害レベルも深刻になります。大うつ病は更に、定型うつ病・非定型うつ病・産後うつ病・季節性うつ病・その他のうつ病に分類されます。気分変調性障害(ICD-10:気分変調症)は比較的軽い抑うつ気分が持続します。比較的軽いといっても従来のうつ病に当たる大うつ病に比べればということです。DSM-Ⅳ-TRにおいて、特定不能のうつ病性障害は、抑うつ関連症候群(試案)として小うつ病性障害(ICD-10:小うつ病エピソード)・反復性短期抑うつ障害・月経前不快気分障害の3つがあります。

※精神疾患の診断基準にDSM-ⅣとICD-10がありますが、どちらも箇条書の項目(症状)の数を数えて診断します。
・DSM-Ⅳ:Diagnostic and Statisutical Manual of Mental Disorders 4th Edition
・ICD-10:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems – 10

 - うつ病の診断基準

PC用

PC用

  関連記事