うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

大うつ病性障害の診断

DSM-IV-TRによる大うつ病性障害(Major Depressive Disorder)の診断の軸になるのが、大うつ病エピソード(Major Depressive Episode)、すなわち発現している症状です。従来のうつ病に当たる大うつ病性障害の診断基準を満たす人は決して多いとはいえません。なお、大うつ病性障害や大うつ病エピソードの「大」は症状の程度の大小を示すものではありません。英語の「major」は、「主要な」「中心的な」という意味です。

DSM-Ⅳ-TR診断基準:大うつ病性障害(Major Depressive Disorder)

次の1)~9)のうち、基本症状である1)と2)の少なくとも一つを満たすことを必須として、他のよくある症状と併せて合計5つ以上の症状に当てはまり、これらの症状がほとんど1日中、ほとんど毎日あり、2週間にわたっていること、且つ1)~9)の症状がA~Dを満たす場合に、大うつ病性障害と診断されます。
1) 抑うつ気分:気分の落ち込みを感じる。
2) 興味、喜びの著しい減退:全ての活動に対して興味や喜びを感じない。
3) 体重減少か増加、または食欲減退か増加:この1ヶ月で5%以上の体重の減少か増加がある。
4) 不眠 または睡眠過多:不眠または過眠(10時間以上)がある。
5) 精神運動静止または焦燥:何をするにも億劫で辛く感じ、仕事をするのに時間がかかるようになった。または焦燥感でイライラしたりする。
6) 易疲労感または気力の減退:やる気が出ない、すぐに疲れてしまう。
7) 無価値感または罪責感:自分を無価値な存在と感じて自信がなかったり、過度に自分を責めることが多い。
8) 思考力や集中力の減退または決断困難:考えるのに時間がかかり、決断ができなくなった。
9) 自殺念慮等:生きるのが辛く、死について考えることがよくある。
A混合性エピソード(躁うつ)ではない。
B著しい苦痛を感じる、または社会的・職業的な機能障害がある(非常につらい、または日常生活に支障がある。)
Cアルコールや薬物による作用や身体疾患によるものではない。
D死別反応ではない(愛する人を失った後、症状が2ヶ月以内ならば離別反応と考えられます。)

※精神疾患の診断基準にDSM-ⅣとICD-10がありますが、どちらも箇条書の項目(症状)の数を数えて診断します。
※エピソード:症状が発現している状態

 - うつ病の診断基準

PC用

PC用

  関連記事