うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病の治療の基本

うつ病治療の基本は、休養・薬物療法・精神療法です。うつ病の治療には十分な休息をとることが欠かせません。仕事・家事・勉強のペースを落としたり休暇をとったり、また入院が必要な場合もあります。薬物療法は抗うつ薬を中心とした薬による治療方法です。うつ病には薬がよく効くといわれていますが、薬の効き方や副作用には個人差が大きいですから、試行錯誤を繰り返して薬の量や種類を調節していきます。精神療法には支持的精神療法と特殊精神療法(認知療法や行動療法など)があります。うつ病の精神療法は特にぶり返し・揺り戻しの予防に効果があるといわれている治療方法で、認知行動療法はうつ病患者よくみられる否定的な思考や行動を柔軟なものにしようという言葉による治療です。
うつ病の治療期間は個人差が大きいのですが、うつ病の治療を開始したからといって一気に快方に向かうわけではありませんし、数ヶ月で治るほど簡単ではないととらえるのがよいようです。無理せず・焦らず・気長に・じっくりとうつ病の治療に取り組むことが大切です。医師と相談しながら、病気の程度や生活スタイルに合った治療をしていきます。うつ病は再発することも多いですから、うつ病予防をすることも大切です。そして、信頼できる医師にかかることが大切なことはいうまでもありません。

 - うつ病の治療方法

PC用

PC用

  関連記事