うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病の治療・休養

心身の疲労から起こるうつ病の治療には積極的な休養が必要です。休養が必要と医師にいわれたら素直に休養をとりましょう。焦らずにゆっくり休むことがうつ病の治療で一番大切です。うつ病の症状の度合いにもよりますが、治るまで仕事・家事・勉強を休んで治療に専念することです。仕事・家事・勉強を続けるにしても、できるだけ多く休息できる時間をもてるよう考えます。うつ病は精神的エネルギーが衰えている状態ですから、このような状態で焦って行動しても更なるエネルギーの消耗になり、物事も上手くいかないだけでなく、うつ病を悪化させてしまうことさえあります。うつ病の治療における休養は何もしないでいることが大切です。何もせずに休息してエネルギーが溜まるのを待ちます。うつ病になりやすい人は休養をとることに対して焦燥感や罪悪感を持つ傾向がありますが、早期の十分な休養が回復に繋がることを理解する必要があります。同時に、休養をとれる環境を整えられるような家族や周囲のサポートも大切です。本人も周囲の人も休養がうつ病の治療に必要であることを十分に認識する必要があります。
場合によっては、入院も有効なうつ病の治療方法です。最近では休息入院といって重症のうつ病でなくとも早めに入院するケースが増えているといわれ、うつ病の人が入院しやすい設備環境を備えたストレスケア病棟の建設が進んでいます。

 - うつ病の治療方法

PC用

PC用

  関連記事