うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病の治療・精神療法

うつ病の精神療法は支持療法と特殊精神療法に大別されます。うつ病の支持的精神療法は一般のうつ病の診察で行われる精神療法の基本で、薬物療法との併用もよく行われる治療方法です。認知行動療法などの特殊精神療法は専門の精神科医や臨床心理士によって行われます。うつ病の症状がはっきり現われている極期は休養と薬物療法が中心ですが、回復期になると精神療法が行われるようになります。うつ病の精神療法は、うつ病の再燃(揺り戻し)や再発(ぶり返し)の予防に効果があるとされています。また、喪失体験などストレス要因が明確な軽症うつ病治療や、性格がうつ病と密接に関係していると考えられる場合のうつ病治療においては精神療法やカウンセリングがより重要になることもあります。

うつ病の治療・精神療法:支持的精神療法

うつ病の支持的精神療法は、日常のうつ病診療において一般的に行われている精神療法です。支持的精神療法としては、診察中に患者の話を聞いて、症状を把握し、また共感して、必ず改善されることを約束するなどによって、患者を支持(サポート)する精神療法です。患者に何かしらを命じるような積極的な働きかけはしないで、患者の不安を軽減して、患者が自ら気づいて問題解決や自己成熟ができるように、あくまでも支持的で受容的な態度で働きかける治療方法です。

うつ病の治療・精神療法:特殊精神療法

・支持的精神療法
・認知療法
・行動療法
・認知行動療法
・洞察療法
・対人関係療法
・森田療法
・家族療法
・精神分析的精神療法
・自立訓練法
・音楽療法
・手段精神療法
・カウンセリング
・芸術療法
・マインドフルネス心理療法(フォーカシング)

※薬など身体に直接働きかける治療方法ではなく、話をしたり聞いたりすることによる心療内科や精神科の治療方法をサイコセラピーと言います。サイコセラピーを、心理学では心理療法、精神科では精神療法と呼んでいます。また、サイコセラピーとカウンセリングは、ほぼ同じ意味で使われています。

 - うつ病の治療方法

PC用

PC用

  関連記事