うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病の治療・過ごし方

うつ病と診断されたら?うつ病の治療中の過ごし方は?うつ病の治療で重要なことは、うつ病であるということを自覚して、医師の指示を守って、焦らずじっくり治療することです。うつ病治療は休養・薬物療法・精神療法の3本柱です。うつ病治療に欠かせないのが休養という治療方法です。うつ病の急性期には、うつ病の症状がはっきりと現われている時期で、この時期の過ごし方としては、薬を飲みながら、とにかく何もせずにひたすら休息することが回復への近道です。うつ病の一番の治療は、仕事・学業・家事などから完全に離れてことです。医師に診断書を書いてもらって、余裕を持った休養期間を持って治療に専念するのが望ましいです。

うつ病の治療中の過ごし方

うつ病と診断されたら、次のことが大切になります。
○うつ病は治療すべき病気であることを認識する
○うつ病は治る病気であることを理解する
○うつ病の治療には休養が必要
○うつ病治療には半年~一年の期間が必要
○うつ病の治療中は、症状の一進一退の波があること理解する
○服薬の重要性と薬の副作用について理解する
○うつ病がよくなるまでは、人生に関係するような大きな決断をしないで決定を先延ばしにする
○どんなにつらい時でも自殺は絶対にしない

 - うつ病の治療方法

PC用

PC用

  関連記事