うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病の診療科は何科?

うつ病を治療する医療機関は精神科や心療内科などですが、厳密には精神科が専門に扱います。ですが、初めてうつ病の診療でいきなり精神科を受診するのに抵抗を感じているならば、精神科と心療内科の違いはあまり気にせずに、心療内科を訪れるのも良いかもしれません。精神科と心療内科の違いを簡単にいうと、心の病気を専門に扱うのが精神科、精神的問題が原因で身体に現われた症状を扱うのが心療内科といえます。精神科は神経科・精神神経科・メンタルクリニックと看板をかけていることが多く、心の病気を専門に扱い、意識・思考・判断・記憶など精神機能に障害がある症状を対象に治療を行います。心療内科では、悩みやストレスなど心理的問題が原因で体の不調として身体に現われる症状の診断や治療を行い、自律神経失調症・過敏性腸症候群・心臓神経症・成人の喘息・胃潰瘍など内科系の疾患の治療に併せてメンタル面のアプローチもします。心療内科の医師は内科医で、精神科の医師は精神科医、という心療内科と精神科の違いをみる方法もありますが、精神科の医師が患者が受診しやすいように心療内科の看板を掛けている場合もあります。心療内科の学会認定医の資格を持っていなければ、心療内科を標榜できないことになっています。精神科と心療内科のどちらを受診するにしても、信頼できる医師であることが重要です。

※神経内科は神経系の病気(体の麻痺やパーキンソン病など)を専門に扱う科です。ご注意下さい。

 - うつ病の病院選び

PC用

PC用

  関連記事