うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

うつ病の病院の選び方

うつ病の病院の選び方は一概にはいえません。ただ、医師との相性(信頼関係)が重要なのは間違いありません。そして通院のしやすさを病院を選ぶポイントにするのも大切です。うつ病治療には半年から1年といった長い期間に継続した通院が必要になりますが、うつ病になると外出自体が億劫で病院が遠いというだけでも通院を中断しまうことがあるからです。家や会社から近い・待ち時間が短い・受診の曜日が合っていることなどが通院のしやすさの目安で病院を選ぶポイントになります。このことから、比較的小規模のメンタルクリニックなど精神科を専門とする医院や診療所が良いといえます。精神科の医院や診療所の医師は、大学病院や総合病院などで経験を積んだ医師であることが多く、長期の治療に際しても医師(主治医)が変わらないですむというメリットがあります。 とはいえ、抑うつ状態が深刻だったり精神的に大きく安定を欠いている場合は、総合病院や専門病棟など入院施設の整った専門病院が良いといえます。ただ、長期のうつ病治療の場合は同じ医師が診察や治療をおこなうのが理想ですが、大学病院や総合病院では医師の異動が比較的頻繁なので、治療途中で担当医・主治医が変わってしまうことが考えられます。
精神科などは予約が必要なことが多いですから、事前に電話をしたりして確認してください。うつ病の病院の選び方として、予約時の対応の良し悪しや第一印象も病院を選ぶポイントになります。精神科や心療内科に心当たりがない場合は、精神保健センターや保健所などの公的機関に相談するのも一つの方法です。「どこの病院に行ってよいのかわからない」といった質問などに対するアドバイスを受けられます。うつ病の病院を選択するには、病院の候補を幾つか上げて実際に行ってみることになります。入院の可能性がありそうな場合は必ず病棟を見学させてもらってください。

※精神保健センターは、各都道府県や政令都市に1箇所以上設置されている厚生労働省管轄のもとで国民に対する保健サービスを行っている公的機関です。

 - うつ病の病院選び

PC用

PC用

  関連記事