うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

精神科初診時の注意

精神科を初めて受診するなら、幾つかの注意事項があります。病院によっては初診でも予約が必要なことがありますから、電話などで事前確認をしてください。また、紹介状がある場合は忘れずに持参してください。初診の場合はすぐ診察してもらえる病院とかなり待たされる病院がありますから、時間潰しができる文庫本や雑誌などを持っていくとよいです。精神科で初診の場合、問診票といった様式で質問されることがありますし、簡単な心理検査があることもあります。医師にもよりますが、結構根掘り葉掘り訊かれます。慌てないためにもメモしていくのも良いです。一人が無理と感じるならば、家族や事情を知っている友人が付き添うのが良いです。精神科の薬を既に服用している場合は、その薬を必ず持参して医師に見せてください。薬剤情報の紙でもよいです。2重投薬は非常に危険な状態に繋がることがあります。

精神科での問診

○現在の症状(一番困ってること、どんな症状があるか)
○その症状はいつ頃からあるか
○症状が出始めての変化(悪くなってきてる・マシになってきてる・変わらない)
○仕事は学校など社会的にどのくらい影響が出てるか
○症状が現われるきっかけと思われることがあるか
○その症状に対して本人がどのように受け止めて対応し、その結果はどうだったか
○家族など周囲の人はどのように受け止めているか
○症状に悪影響を与えている因子には何があるか
○治療方法について本人の特別な希望があるか
○生まれ育った環境・学歴・職歴など
○既往歴(現在他の病気がないか、過去に心身の大きな病気をしたことがあるか)
○家族歴(家族構成や家族の既往歴など)
○薬剤アレルギーなど特異体質の有無
○お酒を飲むか、飲む場合はどのくらい

 - うつ病の病院選び

PC用

PC用

  関連記事