うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

適応障害とうつ病の違い

適応障害とうつ病や不安障害との医学的定義上の違いは、適応障害ではストレス原因が明確で、うつ病や不安障害ではストレス原因が必ずしも明確でなくとも構わない点です。だた、適応障害とうつ病の病態は非常に似ているため診断が難しい場合もあるようです。適応障害とうつ病では、抑うつ気分の症状に違いがあります。適応障害の場合は、抑うつ気分となるストレス原因が存在する状況ではうつ病的なのですが、遊びや趣味などストレス原因がない状況では元気が戻って普通に過ごすことができます。一方、軽症うつ病の場合は、ストレス原因がない状況であっても元気は戻らず抑うつ気分が存在します。適応障害は自分の好きなことや興味があることはできるのに対して、うつ病は自分が好きなことに興味が持てなくなり楽しめなくなります。このように適応障害と軽症うつ病には違いがありますが、適応障害の治療法と軽症うつ病の治療法に極端に大きな違いはないようです。適応障害の治療の基本はストレス原因を避けて休養し、薬物療法や精神療法を行います。

 - うつ病と適応障害

PC用

PC用

  関連記事