うつ病情報館

うつ病性障害の原因・症状・診断・治療や適応障害・不安障害などの情報です。うつ病の予防回復には先ずうつ病を理解しましょう。

適応障害の治療方法

適応障害の多くは適切な治療を受けることで治ります。適応障害は精神疾患の中でも軽症の精神疾患です。適応障害の治療は原因になっているストレスを特定して、そのストレスを軽減することが重要です。適応障害の治療方法としてはストレス耐性を上げるなどの精神療法が有効とされていますが、ストレスの多くは継続していることが多く、精神療法にも時間がかかりますから、周囲のサポートが極めて重要になります。また、抑うつ感や不安感がある場合は、抗うつ薬や抗不安薬などによる薬物療法も用いられますが、薬は一時的に辛い症状を和らげる為のもので、薬そのものは適応障害の直接的な治療方法とはなりえません。

適応障害の治療方法

適応障害の治療は、ストレス原因の軽減、ストレス耐性の強化、ストレス反応の抑制です。
○ストレス原因の軽減
ストレス原因を軽減すれば適応障害も軽減することになります。環境要因を調整して適応しやすい環境に整えるだけでなく、休職・休学して休養することが必要な場合もあります。病気の原因であるストレス因子が除去または軽減されないと、症状が再発する可能性が高いともいわれています。適応障害と診断されたらストレスとなっている原因そのものを改善すべきとの認識が重要になります。
○ストレス耐性の強化
ストレスに対する耐性を上げてストレス脆弱性の体質改善を図る精神療法が効果があるといわれています。認知行動療法・カウンセリング・対人関係療法などがあります。
○ストレス反応の抑制
ストレスが原因で起こる精神的肉体的症状は薬物療法によって和らげます。抑うつ感や不安といった症状がある場合には抗うつ薬や抗不安薬などの薬による治療方法がとりますが、薬物療法は対症療法であって根本治療ではないと考えるのがよいです。

 - うつ病と適応障害

PC用

PC用

  関連記事